2014/05/30

「わたしの父の日ストーリー」第一話


いつからであろうか
父の日のプレゼントをしなくなったのは -
数年前より認知症になった父に
どうせプレゼントを渡しても、と思うようになり
プレゼントをしなくなった。

でも、父の日に、もう一度父のことを考えてみた。
ふと、最近プレゼントを渡していないなと気付く。

もし、また私から父へプレゼントを渡したら、
きっと父は喜んでくれるだろうなぁ…。

父の喜ぶ顔が見たい。

それが、今年は父の日にプレゼントを渡そうと心に決めた理由だった。


私が贈るプレゼントはこちら。













漆塗りの木のマグカップ。

毎日お茶を飲みながら新聞を読む父。
ずっと陶器のものを使っていたけれど、
木のものがいいと思った。

家具職人だった父は、家具をなでるように触るのが癖だ。

きっとこのマグカップも
気持ちいいと言いながら、なでてくれるだろう。


父を想い、考えたら、父の喜ぶ顔がみたくなった。
そんなわたしの父の日ストーリーでした。(田中島公美代)