2017/03/09

手作りこいのぼり

春日和が本当に心地いい季節になりましたね。
街中ではマスク姿が多くなりました。マスクの習慣は日本独特みたいですね。
また、最近では『ダテマスク』なんてものもはやっているようです。(ダテめがねならぬ)

世の中、マスクで隠さず自信を持って生きていきたいものです。

熊谷にある天然木の家具を自信を持って販売しています。タナカジマです。

突然ですが端午の節句ってなぜ、こいのぼりなのかご存知ですか。


中国の故事で黄河にある竜門という滝に向かって多くの魚が
立ち向かっていったが唯一のぼりきることが出来たのは鯉だけ
だったそうです。
また、鯉は清流だけでなく、池や沼でも生活することが出来る
生命力を持っています。

このことから「出世」や「強い生命力」を
願ってこいのぼりが上げられるようになりました。

では、なぜなのか、、、
いわゆる鎧です。武将が戦場へ出る際に必ず身にまとい自身を守ったものです。
これから人生の中で安全に安心して暮らせるようにという
思いを込めて兜が飾られるようになったとされています。

現在ではこどもの日と制定されています。
男の子だけでなくすべての子供たちが健やかに安心して暮らしていけるように
と5月5日はこどもの日となりました。

核家族が増え、なかなか祖父母と孫のコミュニケーションが採りずらいですが
5月5日にはみなさんでこいのぼりや兜を飾って愉しいひと時を過ごしませんか。

長くなりましたが当店では作家こだわりの五月人形を展示しています。
すべて手作りで大自然で育った樹のようにたくましく育ってほしい
という願いを込められた五月人形です。